ISO9001取得の事前準備|文書管理ソフトやオフィスセキュリティで信頼を高める裏ワザ|security.net

ISO9001を取得して企業の信頼を高めましょう

ISO9001取得の事前準備

PCとグラフ

ISO9001とはどんな規格なのでしょうか

ISOは国際規格の一つで、企業内の取り決めを明文化してまとめたものに認定されます。その企業では、どのような決まりを持っていて、それを守るために何をしているか、本当に守れているのか、今後の改善のために活かせるようになっているのか、といったことを示してます。ISOはいくつかの基準に分かれていて、ISO9001は商品やサービスの品質を管理する基準についてまとめたものです。

取得するとこんなメリットがあります

ISO9001は、品質の良い製品やサービスを作るために、どのようなことを実施しているのかを示したものです。そのためこの規格を取得すると、この企業は顧客を満足させるためにこれだけの努力をしているという証明になり、企業の評価を上げることができるのです。また、作業の手順を見直すことで無駄をなくして、さらに良い製品を効率よく作ることができるようになるのです。

取得するためには何が必要になるのか

取得するためには、審査機関に文書を提出し認定してもらわなければなりません。ISOには規格に適合した会社独自の手順を決めることと、独自の専門用語や書式を使用して文書の作成という二つの作業が必要です。これらの作業には専門的な知識が必要になるため、コンサルタントに依頼することが必要です。コンサルタントを選ぶ基準は、分かりやすいマニュアル作りを心掛けていることです。

ISO取得のために備えておくべきこと

  • ・信頼できるコンサルタントへの依頼
  • ・取得する範囲を決める
  • ・取り組む部署や担当員を決める
  • ・ISOの専門知識を学ぶ
  • ・普段行っている業務手順の確認

ISOを取得するメリットランキング

no.1

企業のイメージがアップする

ISOを取得する一番の理由は企業の信頼を高め、イメージアップを図ることです。ISOは国際基準であり、国内の基準としても採用されているものなので、取得しているのと取得していないのとでは、信頼度がまったく異なるのです。

no.2

作業の無駄を減らせる

取得することで得られる二番目のメリットは、作業効率を上げられることです。業務内容を見直すことで、何が作業のネックになっているのかを探り出し、より効率的な方法へと一元化を図ることができるのです。

no.3

今後の改善ができるようになる

ISOは現在守るべき取り決めだけではなく、今後の品質の向上を目指すためのものでもあります。一度の改善だけでなく改善の基礎を整えることで、今後もさらなる改善を図っていくことができるようになるのです。

広告募集中