セキュリティを見直しましょう|文書管理ソフトやオフィスセキュリティで信頼を高める裏ワザ|security.net

オフィスセキュリティは一括管理でさらに信頼を高められる

管理方法の比較

別々の管理業者に任せる場合

防災備品や警備員などを、それぞれ別の業者に依頼する場合は、それぞれサービスを分担するので、各社ごとにサービス内容を選びやすいことがメリットです。しかし各社の連携が取れないため、警備・防災体制に不備が発生する可能性があります。

一社の一括管理に任せる場合

別々の管理業者に任せるのではなく、一社で管理をまとめる場合は、すべての警備。防災対策で連携を取れるので不備が起きにくくなります。非常時の対応などでも、連絡が一元化できるためスピーディーに確認が取れます。また費用に関しても、サービスの重複などが起こらなくなるため、低く抑えやすくなります。

防犯・防災は一括管理がメジャーになっています

防犯・防災対策として、一社での一括管理が広まってきています。あまりに多くの業者が出入りすると、それだけ安全面の管理も費用の管理も複雑になってしまうからです。そのため、オフィスセキュリティでは信頼できるサポートの幅が広いセキュリティ会社に依頼することが、カギになっているのです。

セキュリティを見直しましょう

PC

コンプライアンス管理が重要

オフィスセキュリティで重要なのは、災害や犯罪だけではありません。社内の情報や法令の管理も、重要なセキュリティ案件です。個人情報や社内機密の取り扱いにも通じた、万全のセキュリティ体制を誇る会社を選ぶことが重要です。また従業員へのサイバー攻撃対策の指導や、情報の取り扱い方の教習にも通じている会社ならば、さらに安心です。

警備員だけでなく受付も重要

防犯のためには、警備員の対応だけではなく、受付の係員の対応も重要です。そのため、セキュリティ会社の中には、警備員や保安院だけではなく、受付の派遣にも対応している企業が増えています。警備員との連携により、安全面の対策だけはなく、来客時の対応もスムーズに行えるようになります。そのため、オフィスのイメージアップにもつながります。

広告募集中